これまでの成果をここに!転職時のポートフォリオの必要性とまとめ方 | キャリアアップ転職術
キャリアアップ転職術
thum_noimage63
2007年9月22日

これまでの成果をここに!転職時のポートフォリオの必要性とまとめ方

ポートフォリオは自分のスキルやセンス、これまでの成果をアピールするために重要なものです。
分かりやすくまとめることが大事です。
編集部

転職活動ではそれぞれがさまざまな工夫をしながら進めています。たとえば、ポートフォリオを作成して、それを転職活動に活かしている人がいます。ポートフォリオによって、これまでの成果をまとめることができるのです。
果たして、転職活動にポートフォリオは必要なのでしょうか、またどのようにまとめればいいのでしょうか。これらの疑問に答えましょう。

そもそもポートフォリオとは

ポートフォリオとは何でしょうか。英単語としての意味は、書類かばんや作品集、資産構成などです。転職活動における意味としては、自分の能力を示すためのさまざまなものをひとまとめにして、それを一覧にしたものです。このポートフォリオを見せることによって、あなたのスキルを示すことが可能です。
たとえば、Webデザイナーとして転職活動をしている方は、過去に自分が手がけたサイトをポートフォリオとして一覧にまとめていることが多いです。

ポートフォリオの必要性

ポートフォリオは必ずしも用意しなければいけないものではありません。しかし、デザイナーのように、自分のスキルを正しく相手に伝えなければいけない職業の場合は、転職活動においてポートフォリオを用意しておけば、あなたのことをきちんと評価してもらうために役立つでしょう。
ポートフォリオを提出することで、ぜひとも会ってみたいと思わせることができれば、転職活動はとても有利となるでしょう。

ポートフォリオの目的

ポートフォリオを作成する時にはきちんと目的を明確にしましょう。あなたのセンスや技術、表現力などを伝えるために作成するものです。採用担当者がどのような人材を求めているのか、どんなポートフォリオを求めているのかをきちんと考えましょう。
業界によってどんな内容のポートフォリオをまとめるべきなのかは異なります。それぞれの業界の動向を確かめておきましょう。

ポートフォリオのまとめ方

それではポートフォリオはどのようにまとめればいいのでしょうか。まず、最初に自己紹介を入れておきましょう。どのような経歴を持っているのか分かりやすくまとめてください。
ポートフォリオはできるだけ見やすく作りましょう。それぞれの作品にはプロフィールを添えるべきです。きちんとタイトルをつけましょう。また、コンセプトがあることも重要です。一度作成したポートフォリオは何回でも見直しましょう。自分以外の人に見てもらうのも良いでしょう。

Return Top