失敗したくない転職【この会社じゃない】と思った時に取る対応とは? | キャリアアップ転職術
キャリアアップ転職術
2017年3月17日

失敗したくない転職【この会社じゃない】と思った時に取る対応とは?

転職する場合に、いい会社が見つかった時にはどのように対応すればいいのでしょうか?いい会社が見つかれば、まず現在の会社を退職する必要があります。
編集部

転職する場合に、いい会社が見つかった時にはどのように対応すればいいのでしょうか?

現在の会社を退職する

いい会社が見つかれば、まず現在の会社を退職する必要があります。

退職する意思を伝えてから実際に退職するまでの期間

では、退職する意思を伝えてから実際に退職するまで、期間はどのくらい考えておくといいのでしょうか?民法上は、退職願を提出して実際に退職するまでの期間は、雇用期間を決めていない場合は、退職の旨を伝えてから2週間後に退職というように決まっています。しかしながら、退職の意思を伝えてから実際の退職は1ヶ月後等のような決まりが会社の就業規則などにある場合は、就業規則に従うのが一般的でしょう。 一方、転職先の会社は、できるだけ早く会社に入って欲しいと希望している場合が当然多く、入社が数ヶ月後ということは現状としては考えにくいものです。そのため、退職の意思を伝えてから1ヵ月後に退職するというのが妥当な期限でしょう。

退職の意思はどのようにして伝えればいいか

では、退職の意思はどのようにして伝えればいいのでしょうか?いかに嫌な会社ということでも、上司にいきなり退職願を提出するのはマナーを社会人として失しているでしょう。直属の上司に、まず相談がありますということで退職の意思を伝えましょう。この場合に注意すべきことは、上司に退職の意思を最初に伝えるということです。相談を周りの同僚等にしたいのはやまやまでしょうが、我慢しましょう。このような話はすぐに拡大してしまいます。上司は後から情報が入ってきたことによって心情を害して、予想外の負荷がそれからの退職手続きにかかったというような話は非常に多くあります。また、次に入る会社名を聞かれる場合が多いでしょうが、時期が来れば話しますというようなことで、絶対に公表しないようにしましょう。

相談をする時期も非常に大切なポイント

また、相談をする時期も非常に大切なポイントです。退職の話は簡単に解決できるようなものではありません。また、じっくりと上司に、話を落ち着いて聞いてもらうことができる環境を作ることが大切です。そのため、難しい顔を上司がしているような時や仕事で忙しいような時などは止めておく方がいいでしょう。もしできれば、会社の外で上司と二人だけで退職の話をすることができるような場を持つことも有効でしょう。もちろん、この場合には上司の都合を事前に確認してからにしましょう。

Return Top